彼女たちは、渾身の力を振り絞り闘い続けた…!!――昭和2年4月、北の海を渡り、4人の少女が北海道室蘭の幕西遊郭に売られてきた。松恵16歳。その妹・梅11歳。武子13歳。道子11歳。松恵はついたその日に客をとらされ、首を吊った。奈落の底で、少女たちの血を吐くような人生が始まった!!
女郎屋で壮絶な最期を遂げる

おやなるもの断崖 | 女郎屋で壮絶な最期を遂げる

親なるもの断崖を立ち読みしてみる ※ まんが王国で「親なるもの」と検索してください。 おやなるもの断崖に登場する松恵、梅、武子、道子の中で、女郎屋で壮絶な最期を遂げるのは、実は松恵だけなんですね。 梅は筆舌に尽くしがたいほどの辛酸をなめながら、凄まじい人生を生き抜きます。武子は一介の芸妓から最終的には遊郭の女将になった...

親なるもの断崖 まんが王国

親なるもの断崖 まんが王国で【無料試し読み】

親なるもの断崖を試し読みしてみる 電子コミックサイト「まんが王国」では、常時1000作品以上の漫画が無料で試し読みできるようになっていて、ここで紹介している親なるもの断崖も無料で147ページを試し読みすることが出来ます。 第一部が416ページで第二部が345ページ、2巻合わせて761ページの中の147ページを無料で立ち...

親なるもの断崖 結末

親なるもの断崖の結末は?ギリギリまで公開!

親なるもの断崖を立ち読みしてみる ※ まんが王国で「親なるもの」と検索してください。 この物語は、青森から北海道の室蘭にある幕西遊郭に売られた4人の少女、松恵、梅、武子、道子、第2部の中心人物となる道生という女性の生き方や考え方、それぞれの人間関係によって様々に展開していくので、2部の最後だけを知ってもまったく意味の分...

母なるもの断崖

母なるもの断崖? 正しくは ⇒ 親なるもの断崖です

親なるもの断崖を立ち読みしてみる ※ まんが王国で「親なるもの」と検索してください。 親なるもの断崖を検索する時に、間違えて、母なるもの断崖と入力してしまう方がけっこういますね。 確かに、女性が中心の漫画ですし、第2部ではカバーイラストが母親の背中に女の子がおんぶされているものですし、物語の中にも母性が現れるシーンもた...

親なるもの断崖 感想

親なるもの断崖 感想を紹介します

親なるもの断崖を立ち読みしてみる ※ まんが王国で「親なるもの」と検索してください。 歴史的な漫画である親なるもの断崖を読まれた方の感想が、まんが王国にたくさん寄せられています。 実際に作品を読まれた方の、リアルな感想ですので、参考にしてみるといいかもしれません。 20代  女性  主婦 間違いなく名作です。壮絶でドロ...

親なるもの断崖 電子書籍

親なるもの 断崖 電子書籍の【公式窓口】はここ

親なるもの断崖を立ち読みしてみる 親なるもの断崖の電子書籍は、まんが王国で読む事が出来ます。 親なるもの断崖の電子書籍を読む手順 リンクをタップして公式サイトにアクセス こちら⇒ まんが王国公式サイト ※ まんが王国で「親なるもの」と検索して作品をクリック、試し読みか購入を選びます。 すでに購入して読まれた方のレビュー...

親なるもの断崖 梅

親なるもの 断崖 梅の壮絶な生きざまとは?

親なるもの断崖を立ち読みしてみる 自殺した松恵の妹・梅は、この「親なるもの断崖」のなかで、最も過酷な道を歩む事になります。 姉が命を絶ってからすぐに、11歳の若さで女郎になることを決めます。まだ生理も始まっていない少女が女郎屋で客を取るという痛ましい決断をした梅は、「夕湖」という源氏名をもらい、数年後には幕西遊郭一の売...

親なるもの断崖 武子

親なるもの 断崖 武子の狂気に満ちた人生

親なるもの断崖を立ち読みしてみる ※ まんが王国で「親なるもの」と検索してください。 武子は他の3人と違い、親から「あんたは売りものだ」と言われ、将来自分が遊郭に売られると知りながら育ちました。 武子は器量も良く、そこそこ教養もあったため、女将さんに目をかけられて芸妓になるための稽古を付けてもらう事になり、4人の中では...

親なるもの断崖 道子

親なるもの 断崖 道子の選んだ生き方と病気

親なるもの断崖を立ち読みしてみる ※ まんが王国で「親なるもの」と検索してください。 青森から室蘭・幕西遊郭にある富士楼に売られてきた4人の中で、最も容姿に恵まれなかった道子は、女将さんから下働きを言いつけられ、富士楼で掃除や飯炊き、女郎の世話といった雑用を数年間する事になります。 道子がどうしても女郎になりたいので梅...

親なるもの断崖2部あらすじ

親なるもの断崖 第2部 あらすじ(若干ネタバレあり)

親なるもの断崖を立ち読みしてみる ※ まんが王国で「親なるもの」と検索してください。 親なるもの断崖の2部では、梅(夕湖)の娘「道生」が中心となって物語が進んでいきます。 女郎の梅を、その地域ではそこそこの名家の男性が見染め、自分の妻とするんですが、もともと有名な女郎だった梅と、その娘に対する風当たりは並大抵のものでは...

Return Top